今年のゆるキャラグランプリ結果をみて、
あまり知らないものが多いという印象だった。
関東から離れたからだろうか。
 三重県四日市市のこにゅうどうくんは組織票が
問題となり、その分は差し引いたと聞く。

 地域で盛り上がってご当地ゆるキャラを応援するのは
楽しいが、強制的に行わず、「ゆるい」ことが
あくまで大切なのだと思う。
 鹿児島でマスコットとペンを買ってきた
「西郷つん」(西郷さんの愛犬)も入選していたのでうれしい。

 ゆるキャラ、飽和時代だが、新世代は自分たちの
かわいいやかっこいいを常に求めている。
チャンスは大いにあるはずだ。