はじめて津軽三味線を聴く機会に恵まれました。
そして、この数日、どっぷりとその世界にひたっている
のですが、、CDで聞いても違うんだろうな、と思いつつ
CDも手に入れたいです。(句会の友人のプロデュース
する朗読劇「津軽三味線の始祖」を描いた「仁太坊」
(にたぼう)をそのコンサートの中で観ました。過酷な
生い立ちのにた坊が芸の道しかないと思い定め、
自分の音を生み出していく過程が、情緒あふれる調べとなった、
多くの人に知ってもらいたい話だと感じました。
素晴らしかったです)


ピーラーで皮むくように言の葉は出でずまな板の上を転がる   毛利知恵さん

 私も、感動することがたくさんあるのに、うまく言葉に
できていない、なんだかフワフワとした日々を過ごしています。
落ち着け、わたし!!         みよこ