言葉にしたとたんに感じる、きれいに
 辻褄を合わせているだけではないかとの
 疑い、まだまだ言い切れていないという
 じれったさ、これはだれにも届きはしまいと
 いうもどかしさ・・・・・・「まとまる」ではなく
 その逆、「まとまらない」という感覚こそが、
 言葉の真を裏打ちしているのではないかと
 思う。(鷲田 清一「言葉を養うもの」)

  言葉のまとまっていかない
じれったさやもどかしさが、一種の切実さを
生んでいるのかもしれない。