はじめまして、松永みよこです。 俳句のすばらしさをあなたに伝えたい、 そんな思いからこのカフェを開きました。 どうぞよろしくお願いします。

Prev  «  [ 2018/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

松永みよこ

Author:松永みよこ
1973年静岡市生まれ。
「玉藻」星野高士氏に師事。
「青垣」(大島雄作氏)
「船団」(代表
坪内稔典氏)に参加。
立教大学院修了。(日本文学・近現代)
三重県桑名市在住。

東京、静岡、鎌倉での
テレビ局、ラジオ局、博物館勤務等を経て

名古屋市内専門学校高等課程での
国語講師は5年目になりました。
2007年に第1句集「抱く」
を出版。第2句集に向けて準備中。
取得資格
学芸員・社会福祉士

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア

「チーム学校」の成果は出ている?(明星大学の調査)

 今までの、教員が抱え込む体制から、「チーム学校」として
スクールカウンセラーやソーシャルワーカー、
部活の指導者、スクールロイヤー(学校内弁護士)など
外部のスタッフとの連携を強めていく姿勢が、各学校で
とられるようになっている。(2015年以降)

 明星大学の樋口修資教授によると、外部スタッフが入ることに
よって、教員の時間外労働の減少などは見られなかった。
 

 時間外労働の減少はなくても、問題を共有することで
得られるものはあったのではないか。この調査では、
時間に絞っているが、その内容についても現場で働く
方々の意見を聞いてみたく感じた。

 実際にはケースバイケースの
ことも多いが、それでも共通する課題はある。そういったものを
より多くの人に伝えて興味を持ってもらうことが大切だと思う。

******
「チーム学校」、先生の負担減らせる?
支援スタッフ増加・・・でもまだ多忙
大学教授ら調査 朝日新聞デジタル
2018年5月15日
チーム学校
いじめや不登校、特別支援教育、貧困など子どもや
家庭の多様な課題や、教員の多忙化への対応の
ために、これまで教員が中心となって担ってきた仕事を
専門スタッフや事務職員らと連携、分担して対応する
体制。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://myksn94.blog101.fc2.com/tb.php/1400-8aee798a


ブログ内検索
RSSフィード
リンク