はじめまして、松永みよこです。 俳句のすばらしさをあなたに伝えたい、 そんな思いからこのカフェを開きました。 どうぞよろしくお願いします。

Prev  «  [ 2018/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

松永みよこ

Author:松永みよこ
1973年静岡市生まれ。
「玉藻」星野高士氏に師事。
「青垣」(大島雄作氏)
「船団」(代表
坪内稔典氏)に参加。
立教大学院修了。(日本文学・近現代)
三重県桑名市在住。

東京、静岡、鎌倉での
テレビ局、ラジオ局、博物館勤務等を経て

名古屋市内専門学校高等課程での
国語講師は5年目になりました。
2007年に第1句集「抱く」
を出版。第2句集に向けて準備中。
取得資格
学芸員・社会福祉士

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア

行事食を知ろう、食べよう

 和食の保護、伝承を行う
一般社団法人 和食文化国民会議(東京)では、
五節句とその行事食を伝える活動を展開している。

 五節句とは、以下の通り。

 一月七日(人日 じんじつ)      七草がゆ
 三月三日(上巳 じょうし・桃の節句)ちらしずし・蛤のお吸い物
 五月五日(端午 たんご・こどもの日)かしわ餅・ちまき
 七月七日(七夕 しちせき・たなばた)そうめん
 九月九日(重陽 ちょうよう・菊の節句)食用菊のあえ物やおひたし、栗ごはん


 きのうの五月五日、こどもの日は、関東では
かしわ餅、関西はちまきを食べることが多いと
されているが、農林水産省の調べ(2015年)によると、
実際にそれらを食べた人は4割弱だという。

 年中行事と食文化に詳しい静岡産業大学元
教授 中村羊一郎さんは
「社会が変わっても、日本で四季が巡ることは
変わらない。自然に感謝し、旬の食材や伝統に
目を向けると豊かな気持ちになれるのでは」と
話している。

 季節の変化を感じられる、行事食。
 最近では、節分の恵方巻きが、
コンビニやスーパーの影響で
浸透してきた。(バレンタインデーのチョコレートも?)

 地域で地道な活動をしている方々と、マスコミや流通業界が
手を組んで、季節の食、盛り上げていけたらと思う。
(私は、きのうは静岡の緑茶柏餅をいただきました)


******
参考・引用
行事食 自然への感謝 
和を食す 変化と継承 2
福士由佳子記者
読売新聞  くらし面
2018年5月2日


 

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://myksn94.blog101.fc2.com/tb.php/1394-f17b0521


ブログ内検索
RSSフィード
リンク