ずっと看護師をしていた70代独身の女性が
亡くなるときに、子どもホスピスへの寄付をしたという。

 彼女は脳性まひの小児病棟で働いたことがあり、
「子どもたちへ至らなかった分、いまできることがあればと
思うのです」と書き残した。

 会ったことのない子どもたちを案ずる気持ち・・・
この方は亡くなっても素敵な看護師さんだと思う。