鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし   三橋鷹女


 鞦韆(しゅうせん)はぶらんこのことで、
春の季語です。一年中、ブランコは
ありますが、寒さが過ぎ、外に出て遊びたくなる気持ち
(季節の感じ)から、春の季語になったのでしょうか。

 鷹女さんの句の、潔さが心に残ります。