流行語大賞の中に、負の言葉が多くて
いやだ、という意見が生徒さんから出ていた。
 けさの新聞を見ると、「人はいじめをやめられない」
という若手女性脳科学者の本が人気だという。
わざわざそんなタイトルには
私だったらしないと思う。(そんな意味で「バカの壁」
も好きではない)
 
 でも、そんな私の態度は、いやなものを見ないように
している現実逃避、弱さやずるさなのか、、、。
 理想主義者「心に太陽を持て」の私も
もっとしなやかになっていく時がきたのか、などと考えた。