学校で、夏目漱石を取り上げたので、
年譜や作品などを読み返していたら、
漱石さんは、自分からアイデアが湧き出て
くるタイプではなく、頼まれると断れない、
宿題を一生懸命やってしまうタイプなのだと
いうことに気づいた。
(正岡子規との友情、高浜虚子に
すすめられての「吾輩は猫である」
執筆など)

 自分には、独創性がない、と
思う人でも、与えられた宿題に
取り組むことでみえてくる方向性が
あるように思う。