新学期がはじまったと思ったら
もう休日で、せっかく気合入れたのに・・・・という
学生の方も多いかも。

 医学予備校の新聞広告に、
「父が医者だったから医者になるのは私の必然だった」と
語る青年が出ていた。
 よく考えれば、そんなことはあるはずはないのに、
それがまかりとおってしまって、そのこと(単純に親の
勧める道を行く)に疑問を持ったり、抵抗する子は
随分遠回りを強いられていると感じる。

 自分らしく生きるとはどういうことなのか、考えている。