はじめまして、松永みよこです。 俳句のすばらしさをあなたに伝えたい、 そんな思いからこのカフェを開きました。 どうぞよろしくお願いします。

Prev  «  [ 2018/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

松永みよこ

Author:松永みよこ
1973年静岡市生まれ。
「玉藻」星野高士氏に師事。
「青垣」(大島雄作氏)
「船団」(代表
坪内稔典氏)に参加。
立教大学院修了。(日本文学・近現代)
三重県桑名市在住。

東京、静岡、鎌倉での
テレビ局、ラジオ局、博物館勤務等を経て

名古屋市内専門学校高等課程での
国語講師は5年目になりました。
2007年に第1句集「抱く」
を出版。第2句集に向けて準備中。
取得資格
学芸員・社会福祉士

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア

やってきたものは

 やってきたものはとりあえず引き受けてみよう、
いやならやめてもいい。
 この頃の私はそう思っている。

 図書館に資料探しにいったはずがつい寄り道、、、、
私の「あるある」です。
**********
 水の色は何色                岡島弘子

いつもだれかのもの
森の中へにげこめば
森のしげみのもの
夜の底をひそかに流れても
闇がすべり込んでくる
ちいさなちいさなしずくとなって
すばやく落下する時でさえ
一瞬空にそめぬかれ 落ちれば
たちまち大地にぬりつぶされる

水の色は何色
すきとおっていようとすればするほど
あらゆるものに所有される

学校帰りに

 名古屋駅の高島屋に立ち寄ったところ、
画家 内田新哉さんのポストカード展を
やっていました。(東急ハンズ)

 いただいたフライヤー情報によると
 北海道富良野のシンバカフェというお店で
作品展をやっているそうです。(次は京都だとか。
どちらも素敵です)

 詩人の友人磯純子さんの著書「みんなルーキー」の
絵を描いていらっしゃるのが内田新哉さんです。
 優しく温かな内田さんの世界を思い出すことが
できました。

内田新哉さんのホームページ
小さな 幸せ  SHINYA UCHIDA
  http://www.uchida-shinya.net
 

 

落ち着ける場所づくり

 大人でも子供でも落ち着ける場所づくりが
最も大切だと、この頃思う。

 勉強も、仕事や
生きがいもまずは、心を落ち着けてからなのでは
ないだろうか。(100%の落ち着きというのは
ない。ワクワクや不安もあってよい)

 先日、読売新聞の記事で東京都足立区で
週6日、午後3時から9時まで、中高生の居場所が
開設されているというのを知った。

 「居場所」の入口に看板や表示はなく、居場所を
兼ねた学習支援だという。

 以前は、成長に必要な孤独もあるーというのが
私の考え方だった。でも、それは、人にかこまれて
育ったからこその発想だったようだ。
 
 ひとりぼっちをもてあまし、まだ目標も定まらない
中高生がけっこういることに気づいた。

 その若者たちは
幼稚園児や小学生のように無邪気に大人に甘えることも
できず、心の中でもがいているのだと思う。

 足立区の取り組みのように、地域で、みんなで
若者を見守ることができたらよいと感じた。

おおげさだと

いう人も多いけれど、
高村光太郎は本当に
真剣に思っていたのだと思う。
他人を疲労させてしまう
熱量の激しさが好きだ。


美に生きる     高村光太郎

一人の女性の愛に清められて
私はやつと自己を得た。
言はうやうなき窮乏をつづけながら
私はもう一度美の世界にとびこんだ。
生来の離群性は
私を個の鍛冶に専念せしめて、
世上の葛藤にうとからしめた。
政治も経済も社会運動そのものさへも
影のやうにしか見えなかつた。
智恵子と私とただ二人で
人に知られぬ生活を戦ひつつ
都会のまんなかに蟄居した。
二人で築いた夢のかずかずは
みんな内の世界のものばかり。
検討するのも内部生命。
蓄積するのも内部財宝。
私は美の強い腕に誘導せられて
ひたすら彫刻の道に骨身をけづつた。


  

ずいぶん

更新が滞ってしまいましたが、
元気に過ごしていました。

「船団」初夏の集いで
京都に一泊し、きのうは俳句甲子園東海大会を
観戦(岐阜県大垣市)してきました。

学生さんのディベート力、普段から鍛えている
印象を受け、刺激になりました。
 風流は大人にまかせて、
 今、見えている世界のことにもっと迫って
ほしい気もしました。


 大垣は、とても素敵な街で、いたるところに
芭蕉の句があります。またゆっくり吟行しようと
思っています。

  きょう見かけた芭蕉の句
  世の人の見つけぬ花や軒の栗  


ブログ内検索
RSSフィード
リンク