プロフィール

松永みよこ

Author:松永みよこ
1973年静岡市生まれ。
「玉藻」星野高士氏に師事。
「青垣」(大島雄作氏)
「船団」(代表
坪内稔典氏)に参加。
立教大学院修了。(日本文学・近現代)
三重県桑名市在住。

東京、静岡、鎌倉での
テレビ局、ラジオ局、博物館勤務等を経て

名古屋市内専門学校での
国語講師は4年目になりました。
2007年に第1句集「抱く」
を出版。取得資格
学芸員・社会福祉士


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

フリーエリア


ブログ内検索

バレンタイン

GODIVAの義理チョコをやめよう、という
広告が印象的でした。確かに、日本独自の
気遣い?風習なのかもしれませんね。
 
でも、義理チョコ
だよ、なんていって渡す本命チョコもあるのかも。


バレンタイン時差をたずねるばかりなり   みよこ

リスタート!

 1月後半から、ブログの調子が
おかしくなっていましたが、ようやくなおり、
再スタートを切ることができました。
 2月から、教員免許講習に取り組んでいます。
(放送大学)久々の授業が新鮮です。
もっともっと学びたいと思っています。

チョレイ!

 卓球の張本選手、伊藤美誠(みま)選手、
若い力の活躍がまぶしい日曜日でした。
 ライバルがいるって気持ちに張りがでますね。
 卓球界、楽しそうです。(ガッキーと瑛太さんの映画
「ミックス」みたいな恋模様もあるのかしら)
 

 張本選手の掛け声、私は元気があって
いいと思っていましたが、友人は「他人を
威嚇するようでよくない」「もっと静かに集中したほうがよい」
と話していて、なるほどそういう意見もあるのだと感じました。

 大寒に入り、立春までの二週間、春が待ち遠しくなります。
寒さにはいつまでたっても慣れません。

 時ものを解決するや春を待つ   虚子

 

犬のおばさん

 2018年、戌年ということで学校では
犬にまつわる言葉を取り上げました。
 
 いろはかるたは「犬棒かるた」と呼ぶんだよとか、
犬も歩けば棒に当たるは
1行動すると災難に遭う
2動けば思わぬ幸運にであうの二つの意味があるけれど
どっち派ですか?など。

 その中で、私が気に入った言葉は
「犬の叔母」。~雪のことをそう呼ぶのをはじめて知った。
雪の中、犬や小さな子供と元気に遊ぶ快活な女性を思い浮かべて
うっとりした。

震災から23年

「きちっと生きていくのが供養だ。
母さんはいつも見てるぞ」
 
 これは、妻を亡くし、高2の娘、小中学生の息子3人との
暮らしになった、神戸市の山崎芳文さん(当時46歳)の
言葉。

 大切な人を失って、気持ちを立て直すには、
それぞれの時間が必要だと思う。

 もし、私が山崎さんに会ったら、
「きちっと」じゃなくてもいいと思います、
と言いたい。

 
 | ホーム |  » page top